ビジネスニュースレビュー
役に立ちそうな情報を気ままに拾い読み
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
日本経済新聞 私の履歴書、2005年10月は、ルノー(Renault)前CEOのルイ・シュバイツァー(Louis Schweitzer)氏。

シュバイツァー氏は、今もルノーの取締役であるものの、2005年4月末でCEOを退任し、カルロス・ゴーンにその座を譲っている。

本人は「演劇好きの温厚な少年だった私」と書いている。

ルノーはフランスの元・国営企業であり、過去、厳しい国際競争にさらされて経営の舵取りが難しい時期もあった。

日産自動車への出資も、リスクを含むものであり、ゴーンでさえも「成功する確率は五分五分」と考えていたが、シュバイツァーは「9割の確率で成功する」と主張していたとのこと。

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:ビジネス

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://business.blog1.fc2.com/tb.php/32-560f7932
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。