ビジネスニュースレビュー
役に立ちそうな情報を気ままに拾い読み
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
欧州連合(EU)加盟国がソフトウェア特許法案を正式承認する方針を固めたと、IT Media(※)が報じている。

これでこの法案は今後欧州議会に託されることになるが、欧州議会には、この法案に反発しているオープンソースソフトのコミュニティへの支持者が多いとされている。

仮に欧州議会がこの法案を否決した場合、議会と各国政府とが妥協の道を探ることになるとのこと。

「ソフトウェア特許」で検索

Linus Torvaldsがソフトウェア特許に反対

ITmedia: EUソフト特許法案、正式承認を経て議会へ
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://business.blog1.fc2.com/tb.php/20-7fc5beac
この記事へのトラックバック
欧州連合(EU)のソフトウェア特許法案の承認は、2005年にずれ込むことになった。この法案は、欧州閣僚理事会では2004年5月18日に大筋合意に達し、12月21日のEU農業水産相会合で承認の見通しとなっていたが、ポーランドがもっと時間をかけるべきだと主張した。欧州議会で2005
2004/12/26(日) 05:00:46 | zig zag road (ビジネス編)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。