ビジネスニュースレビュー
役に立ちそうな情報を気ままに拾い読み
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ニューロマーケティング(Neuromarketing)において基本となる技術がfMRI(Functional Magnetic Resonance Imaging, 磁気共鳴画像)であり、これはヒトの脳の活動状態を画像として撮像するものである。

脳細胞が活動するときに血流が変化するのだが、この血流の変化は脳全体で一様に起こるのではなく局所的に起こる。そしてそのとき、ヘモグロビンの磁化率の変化によって磁気共鳴信号の強度が変化し、これが磁気共鳴画像として得られる。この画像に基づき磁化率の変化を分析することにより、脳の中の活動部位を特定することが可能となる。ニューロマーケティングは、脳に与える刺激とそれに反応する脳の活動との関係に基づき、商品等が有効に消費者に認知されるようにすることを目的とする手法である。

"Functional MRI"
"Magnetic Resonance Imaging"
"Magnetic Resonance Imaging"
"Magnetic Resonance Imaging"
"fMRI"

fMRIの画像例は、ATRのサイトで見ることができる。
また、MRIの基礎について、Joseph P. Hornak, Ph.D.のサイトに書かれている。


Functional MRI を検索

(c) zig zag road runner, 2004.
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://business.blog1.fc2.com/tb.php/14-d8eb642a
この記事へのトラックバック
 脳内血流量から嘘の解析につながる技術が。でも、催眠術にかかっていても同じ結果得られるのであろうか?(催眠術で脳内の活性場所が変わるかどうかは自分は知りません(^-^;;;)Google:ウソ発見法ウソつくと脳の働き方が変化──米研究者がMRIで解析CNN Japan 
2004/12/04(土) 19:16:13 | As mind is suitable...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。