FC2ブログ
ビジネスニュースレビュー
役に立ちそうな情報を気ままに拾い読み
2005年2月1日、東京地方裁判所で、松下電器産業株式会社が株式会社ジャストシステムを特許権侵害で訴えていた訴訟の判決が出された。

判決によると、ジャストシステムの主力製品「一太郎」および「花子」が松下電器産業の特許権を侵害しているとし、これら両ソフトの製造・販売の中止、および在庫廃棄が命じられた。

ジャストシステムは判決を不服として控訴する方針。2月10日には、新バージョンである一太郎2005および花子2005がリリースされる予定であり、これらのソフトも予定通り発売すると同社は発表している。

この特許は、松下電器産業が1989年に出願し、1998年に登録されたもの。この特許の技術内容は、パソコンに表示されてワープロの操作方法などを説明するヘルプモードの機能。画面上の「ヘルプモード」を示すアイコンをクリックし、それに続いて、実行したい機能のアイコンをクリックすると、機能の内容が説明文で表示されるというもの。

市場におけるシェアはかなり低下したとはいえ、「一太郎」と言えばかつては日本におけるデファクトスタンダードと認識されていたワープロソフトであり、ジャストシステム社の売上全体のかなりの部分(40%程度?)を占める。そのようなソフトが丸ごと製造中止・廃棄となると、同社の経営に与える影響はきわめて大きい。

本件についての関心としては、
◇ 一太郎および花子は、本当に同特許の構成要件を備えているのか
◇ ジャストシステム社の今回の訴訟戦術は適切だったのか
◇ このような判決が出てもなお、ジャストシステム社が自社サイトで「現在販売中の一太郎・花子シリーズにつきましては、今後も問題なくご販売、ご利用いただけます。」と書く根拠は何か (仮にこのメッセージを見て業としてのソフトの使用を続けた利用者が特許侵害で訴えられたとき、ジャストシステム社はそれが侵害でないことを保証できるのか)
◇ 松下電器は業績が好調でありながら、かなり「格下」と言ってもよい企業相手にこのような訴訟を積極的に起こすということは、日本においても特許権行使のありかたが今後根本的に変わっていくのか
といったところ。

(c) zig zag road runner, 2005.
スポンサーサイト