FC2ブログ
ビジネスニュースレビュー
役に立ちそうな情報を気ままに拾い読み
CNET Japan が掲載しているIngrid Marson(ZDNet UK)の記事(※, 2004年11月24日)によると、「Linux開発者のLinus Torvaldsは欧州閣僚理事会(EU Council)に対し、欧州でソフトウェア特許の取得を認める指令に反対する声明を発表した。」とのこと。

この時期に声明を出した理由として「今週、EU議会が召集される予定で、同議会は指令の修正案を早期に正式採用しようとしている」ことをあげている。

元々、欧州は特許に関して保守的な考えが支配的であり、米国や日本よりもソフトウェアに特許を与えることに関して遅れている。この記事に書かれている「指令」は、そのような遅れを取り戻して欧州のソフトウェア産業の競争力を強化しようというEUとしての戦略に基づくものであると推測する。

Torvaldsらの声明において「ソフトウェア特許は、経済全般、とりわけ欧州経済にとって危険である」という主張がどのような根拠に基づくものであるかは不明である。
また、「著作権はソフト開発者にとって役立つが、特許は・・・」とか、「著作権は誰でも利用可能である点で公平だ」とあるが、特許も誰でも利用可能である点では著作権と同様であり、また、著作権よりも強力な権利を確立・維持できるという点では、ソフト開発者の権利をより強くする方向に作用するものである。そのようなソフトウェア特許であるが、いかにして「特許は作品の独自性を奪う」とTorvaldsらが考えているのか、その根拠は不明である。

※ CNET Japan が掲載しているIngrid Marson(ZDNet UK)の記事

関連する記事:
激化するソフトウェア特許戦争
業界団体が導入求める書簡を欧州議会に提出


(c) zig zag road runner, 2004.
スポンサーサイト



日本経済新聞や毎日新聞などで、京セラがダイエー支援に乗り出すことが報じられている。現在、産業再生機構がダイエーのスポンサーを公募しているが、京セラは、イオンと共同で支援方法を模索しており、さらに1~2社の投資銀行やファンドと組む可能性があるとのこと。11月27日の夜に京セラ首脳が語ったらしい。